ホーム > 会社紹介

永正順会社は民国76年初に成立し、当時は”正順工業社”という名前でした。初期設備は主にカム式自動旋盤で、精密金属部品、バス部品、OEM部品の加工生産が主な仕事です。加工品質の安定、精密度がクライアントの要求に合い、納期が素早いため、沢山のクライアントの支持/協力を獲得し、民国88年に”永正順工業有限公司”に改名し、日本星辰CITIZENのCNC自動旋盤等の先進設備を購入し、生産工場の拡大や第二工場の成立を続けています。創新研究や続々精密投影機…等の品質検査設備を購入し、現在加工OEM加工行業は金属部品、電子OA産品、自動車/バイク/自転車部品、医療機械部品等の範囲になります。

永正順会社の営業方針は努力で一番いい産品を提供し、クライアントの必要を満足するのを理念としています。20年来の充実と進歩、クライアントを満足する心を更新し、クライアントと共に進歩、成長し続けました。未来の新たな工場は2007年10月に移転完了し、大量の最新生産設備(日本星辰CITIZEN CNCスイスタイプ式CNC旋盤、日本宮野複合機式CNC旋盤、MAZAKのCNC旋盤等数10台の設備)を投入、とISOの認証等、クライアントにもっといい優れたサービスを提供するために、未来の精密を加工必要を満足。